ARSA埼玉

ドローン撮影会社・ドローンスクールのアルサ埼玉

ドローンスクール

ドローンスクール

ドローンパイロット技能認定

本科コース(4日間)/ 23万円+税
ドローン実技
都市部や夜間の飛行が可能になる国土交通省の許可”申請”に対応出来るコース
・座学1日、実技3日の計4日間
・国土交通省の許可基準である飛行指導10時間(実飛行時間)を確保
・申請に向けてサポートも行います

産学・実技の両試験合格により、本スクールで発行するライセンスは、単に10時間運航しただけではない、一定水準の知識レベル、実技レベルを証明するステータスとなります。

座 学 
午前、午後ともたっぷり使い、ドローンの基礎から安全対策、法令、気象、電波の仕組みまで過不足なく学びます。1日の最後に修了試験も行います。

実技1日目 
電源の入れ方、周辺の安全確認方法など離陸させるための「基礎の基礎」からスタート。前後左右などの基本的な操縦から、旋回、8の字飛行など、撮影や業務に利用する際に必要となる飛行技術を学びます。

実技2日目 
電源の入れ方、周辺の安全確認方法など離陸させるための「基礎の基礎」からスタート。前後左右などの基本的な操縦から、旋回、8の字飛行など、撮影や業務に利用する際に必要となる飛行技術を学びます。

実技3日目 
2日間の内容を復習した後、修了試験のシミュレーション、練習を行った後、実技の試験を行います。

CPDS対象講座 
本科コースは、一般社団法人「全国土木施工管理技士会連合会」の継続学習制度(CPDS)の対象となっています。獲得できるユニット数等、詳細は本スクールにお問い合わせ下さい。

2オペレーターシステム(1日間)/3万円+税

土木・建築構造物の点検や調査業務では、1人が上空を監視しながら操縦の指示を与える「2オペレーター(ツーオペ)」が一般的です。本コースでは、業務でドローンを操縦することを想定したツーオペの技法を学びます。
※受講には、実機での飛行経験10時間以上が必要です。

本科コース+2オペレーターコース(5日間)/25万円+税

上記2コースを連続して受講するコースです。受講料が割引となり大変お得です。

ベーシックコース(2日間)/10万円+税

初歩的な操作を学べるコースです。短時間でもドローンを操縦する以上、座学の内容は本科コースをできるだけ踏襲し、1日時間を取って学びます。実技は1日間、実機にて3時間の飛行指導とし、基本的な操縦を網羅できます。
※飛行時間が10時間に満たないため、国土交通省への申請条件はクリアできません
※コースの修了証とライセンスカードを発行します。

夜間飛行コース/2万円+税

国土交通省への申請後行うことができる夜間飛行について指導を受けたり、飛行実績を積むことができます。
※受講には実機での飛行経験10時間以上が必要です。

自動航行プログラムコース/受講料 近日発表

空中写真測量や調査で必要となる、自動航行のプログラムの設定を学べるコース。
※受講には実機での飛行経験10時間以上が必要です。

インストラクターを目指す人に 
本スクールでは、優秀な受講生をインストラクター候補生としてスカウトする制度があります。まだまだ一握りしかいないドローン指導者としてデビューするチャンスです。関心のあるかたは受講申し込み時にお申し出ください。

※以下は開校予定のカリキュラムになります。正式に開校し次第受付開始となります。

ドローンパイロット技能認定

– 本科コース(4日間)/ 23万円+税

ドローン実技
都市部や夜間の飛行が可能になる国土交通省の許可”申請”に対応出来るコース
・座学1日、実技3日の計4日間
・国土交通省の許可基準である飛行指導10時間(実飛行時間)を確保
・申請に向けてサポートも行います

産学・実技の両試験合格により、本スクールで発行するライセンスは、単に10時間運航しただけではない、一定水準の知識レベル、実技レベルを証明するステータスとなります。

座 学
午前、午後ともたっぷり使い、ドローンの基礎から安全対策、法令、気象、電波の仕組みまで過不足なく学びます。1日の最後に修了試験も行います。

実技1日目
電源の入れ方、周辺の安全確認方法など離陸させるための「基礎の基礎」からスタート。前後左右などの基本的な操縦から、旋回、8の字飛行など、撮影や業務に利用する際に必要となる飛行技術を学びます。

実技2日目
電源の入れ方、周辺の安全確認方法など離陸させるための「基礎の基礎」からスタート。前後左右などの基本的な操縦から、旋回、8の字飛行など、撮影や業務に利用する際に必要となる飛行技術を学びます。

実技3日目
2日間の内容を復習した後、修了試験のシミュレーション、練習を行った後、実技の試験を行います。

CPDS対象講座
本科コースは、一般社団法人「全国土木施工管理技士会連合会」の継続学習制度(CPDS)の対象となっています。獲得できるユニット数等、詳細は本スクールにお問い合わせ下さい。

– 2オペレーターシステム(1日間)/3万円+税

土木・建築構造物の点検や調査業務では、1人が上空を監視しながら操縦の指示を与える「2オペレーター(ツーオペ)」が一般的です。本コースでは、業務でドローンを操縦することを想定したツーオペの技法を学びます。
※受講には、実機での飛行経験10時間以上が必要です。

– 本科コース+2オペレーターコース(5日間)/25万円+税

上記2コースを連続して受講するコースです。受講料が割引となり大変お得です。

– ベーシックコース(2日間)/10万円+税

初歩的な操作を学べるコースです。短時間でもドローンを操縦する以上、座学の内容は本科コースをできるだけ踏襲し、1日時間を取って学びます。実技は1日間、実機にて3時間の飛行指導とし、基本的な操縦を網羅できます。
※飛行時間が10時間に満たないため、国土交通省への申請条件はクリアできません
※コースの修了証とライセンスカードを発行します。

– 夜間飛行コース/2万円+税

国土交通省への申請後行うことができる夜間飛行について指導を受けたり、飛行実績を積むことができます。
※受講には実機での飛行経験10時間以上が必要です。

– 自動航行プログラムコース/受講料 近日発表

空中写真測量や調査で必要となる、自動航行のプログラムの設定を学べるコース。
※受講には実機での飛行経験10時間以上が必要です。

インストラクターを目指す人に
本スクールでは、優秀な受講生をインストラクター候補生としてスカウトする制度があります。まだまだ一握りしかいないドローン指導者としてデビューするチャンスです。関心のあるかたは受講申し込み時にお申し出ください。