ARSA埼玉

ドローン撮影会社・ドローンスクールのアルサ埼玉

ドローン活用事例

【ドローン活用事例12】狭山茶スマート農業を撮影

【ドローン活用事例12】狭山茶スマート農業を撮影

■ドローン(drone)の撮影動画■

【狭山茶スマート農業 ドローンによる茶畑管理実証実験】
狭山茶の主産地入間市を会場に、ドローンを活用した茶畑管理の実証実験が行われました。 広大な農地の管理は重労働です。ドローンを使えば容易になります。 将来的には自律飛行タイプのドローンならルートコースを設定するだけで、あとはドローンが自動で飛行することも可能になるそうです。 今回、入間市内の茶農家増岡伸一さんの茶畑を利用し、ドローンによる水の散布実験を行いました。 ドローンはその機能上プロペラの回転による発生する揚力(風)で空を飛びます。 この風の力を利用し、噴霧した液体が舞い上がり、茶葉の表や裏、枝の中まで届くことが可能になるそうです。

使用機材 ドローン:PHANTOM 4 PRO カメラ:2000万画素1インチセンサー 5方向障害物検知
対象 茶畑管理の実証実験
撮影地域 埼玉県入間市